スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホウレンソウつくりのポイント

ほうれん草の種をまくまでの準備作業


①有機資材を利用する場合、

畑にモミガラ、ワラを散布してから、土の中に、資材を
埋めるように耕します(約3~4ヶ月前に)

②科学肥料を利用する場合

種まきする2~3週間前に、まこう、石カイを散布します。

③2月は寒い季節なので、そのまま種をまいても発芽しないので、
風呂の残り湯をカップに入れ、又は、種を1~2日漬けておくと
硬いホウレンソウの種でも発芽します。

④発芽した種を畑に撒きます。(筋上に撒きます)

⑤種を撒いた跡に細かい土で種が隠れる程度に土をかぶせます

⑥霜や寒さの厳しいときであるので、ビニールトンネルで、
保温をしてあげます。

⑦2週間程度で芽が成長してくるのがわかるようになります。

8ホウレンソウの両側を鍬(くわ)で、軽く削り、そこへ、肥料を少しずつ
散布し、肥料が日に当たらない程度に土をかぶせてあげます。

⑨ある程度、大きくなったら、ビニールを撤去して自然の状態に
してあげます

草が生えていれば、気づいたときに草引きを行うようにして、ホウレンソウの
生長を楽しみながら管理していきます。
[ 2010/03/26 20:19 ] 野菜栽培 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kenngyou.blog40.fc2.com/tb.php/63-c1d139f0








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。