スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トマト植え方 栽培法 by父

MY 父のトマト栽培方法で、教えてもらった方法をそのまま書こうと思います


トマトの植える時は、最初に、トマトを植える田、畑を選定して、トマトを植える
2週間前ぐらいに、田、畑を耕します。

田、畑を耕す際には、土を細かく砕いて、『苦土石灰』、『油粕』を散布して
よく混ぜて、トマトの苗を植える準備をします。


トマトの苗は、5月上旬になると、苗種屋さんで買ってきます。

買ってきたトマトの苗は、耕した田、畑に、トマトの苗が植えられる程度に、
堀って、トマトの苗を、パックから出して、掘った穴にトマトの苗を入れ、
土が盛り上がるように、土をかぶせ、少し、強く土を押さえます。

トマトの苗を無事植え終わったら、そのトマトの苗に、水をかけてあげます。

*ちなみに、このトマトの苗の水遣りは、トマトの苗が土になじむまで、
 約1週間ほど毎日水遣りをします。

*もし、栽培するとき、天候など、寒い場合は、ビニールトンネルをしてやると
 早く育ちます。また、このビニールトンネルは、害虫対策にもなります。


トマトの苗は、5月上旬ごろになると、約50~60cm位に育ちます。

梅雨時期になると、トマトの苗から脇芽が出てきますので、すべて取り
除きます。

取り除いた、トマトの脇芽は再利用( ECOです(=´∇`=) )というか、
育てるとトマトが収穫が出来るので、トマトの脇芽を耕した土地に、差して
おきます。

トマトの脇芽をさしておくと根が出てきます。

こうすれば、トマトの苗を何回も苗屋さんで購入せずに済みます


<<トマトの苗の栽培の手入れについて>>

今年は、梅雨の時期が、例年より短いようですので、雨が降り続くと
トマトの苗の下葉が枯れてきます。

枯れてきた下葉はすべて取り除いてあげます。


トマトの苗が大きく育つと、『 わ 』を描くようにして、背丈を短くして、
支柱を立て、それにくくりつけます。


<<毎日の作業(一番大切?)>>

毎日、トマトの状態を観察して、水を欲しがっているのか、肥料を欲しがって
いるのか。よく見てあげます。


その際に、いいトマトが出来るように、

『元気!、おはよう、p(*^ω^*)q がんばっ♪』

など声をかけてあげると、いいトマトが育つそうです。
(ちょっと不思議ですけど)

家でも植えているので、又、新しい栽培法、発見したら載せていこうと
思います。

時期がちょっとずれてしまっていますが…(^口^;)


スポンサーサイト
[ 2009/06/15 11:26 ] 野菜別育て方 | TB(0) | CM(1)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。